筑紫ヶ丘ゴルフクラブ

北コース

コースのご案内(北コース)

tizu

COUESE GUIDE

HOLE 1PAR 4
HOLE 2PAR 3
HOLE 3PAR 4
HOLE 4PAR 3
HOLE 5PAR 4
HOLE 6PAR 5
HOLE 7PAR 4
HOLE 8PAR 4
HOLE 9PAR 5
HOLE1H2H3H4H5H6H7H8H9HTOTAL
PAR43434544536
FRONT TEE3371403301643765463453544963,088
REGULAR TEE3541563491804005783713745213,283
BACK TEE3701683691964246033923865443,452
HDCP697821453-

HOLE1

コースイラスト

No.1

PAR4
FRONT337YARDS
BACK370YARDS
REGULAR354YARDS
HDCP6

POINT

全体に打ち上げていくミドルホール。
ティグランド右手前は谷となっている。フェアウェイ左右には桧林があり、打ち上げるグリーン後方に山なみが見え、奥行きの深さを感じさせてくれるスタートホール。グリーンは奥から手前に早く、左右,奥へこぼすと、グラスバンカー状の窪みがいくつもあり、アプローチが難しい。ピンの位置を考えながら手前から攻めていきたい。

COURSE MOVIE

HOLE2

コースイラスト

No.2

PAR3
FRONT140YARDS
BACK168YARDS
REGULAR156YARDS
HDCP9

POINT

ニアピンおすすめホール!
距離はさほど長くないが、風によってクラブの番手は大きく変わる。左右にOBがあり、3つのバンカーでガードされたグリーンは微妙なアンジュレーションで悩ませてくれる。グリーンは、奥は左右からセンターへ、センターから手前へと流れている。グリーンは砲台気味になっているので、ピンの位置によって攻める場所を変え、しかもショットの正確さが要求される。

COURSE MOVIE

HOLE3

コースイラスト

No.3

PAR4
FRONT330YARDS
BACK369YARDS
REGULAR349YARDS
HDCP7

POINT

ドラコンおすすめホール!
距離感のつかみ方が難しいミドルホール
ティショットは打ち下ろし、セカンド地点からは打ち上げとなる。奥からセンターへ、そしてセンターから手前へ速いグリーンは2つのバンカーに囲まれており、大きな傾斜があるのでグリーン上のボールの流れも計算に入れた高いボールで点を狙って攻めたい。

COURSE MOVIE

HOLE4

コースイラスト

No.4

PAR3
FRONT164YARDS
BACK196YARDS
REGULAR180YARDS
HDCP8

POINT

ニアピンおすすめホール!
ショートホールとしては距離が長く、ロングアイアンやフェアウェイウッドの腕が試される。フラットで見た目には優しく美しいだけに、思いきったスウィングで攻めたいもの。グリーンは、左が高いダイナミックな2段グリーンとなっており、ピン位置が右でも、グリーンセンター狙いが基本。また、スコアメイクには、グリーンを外した時のバンカーショットなどショーとゲームのテクニックがかなり重要な要素となってくるだろう。

COURSE MOVIE

HOLE5

コースイラスト

No.5

PAR4
FRONT376YARDS
BACK424YARDS
REGULAR400YARDS
HDCP2

POINT

フェアウェイバンカーを道案内に左ドッグレッグのゆるやかな打ち上げの長めのミドルホール。セカンド地点ではフェアウェイは2段となっているが、あくまで、左側のフェアウェイの上から狙っていきたい。しかもグリーンも2段グリーンとなっており、左はバンカー、右はマウンドに囲まれ、ピンの位置次第でクラブ選択、パッティングがかなり難しい。茶店からクラブハウスや九千部山が見え、ほっと一息入れられるホール。

COURSE MOVIE

HOLE6

コースイラスト

No.6

PAR5
FRONT546YARDS
BACK603YARDS
REGULAR578YARDS
HDCP1

POINT

なめらかなS字の曲線美を持つロングホール。美しい景観とは裏腹にセカンド地点からグリーンまでの道にはさまざまな困難が待ち受けている。3つにわけられたフェアウェイとバンカーのハーモニーの中でリズミカルに刻むのもゴルファーの真の勇気かもしれない。第1打は正面のバンカー右目へ、第2打は、右の土手に当てるくらいの気持ちで打っていきたい。グリーンは縦に長く、上から速いので、奥へこぼすとスコアメイクが難しい。第3打はパットのラクな方へアプローチするのがポイントのエキサイティングなパー5。

COURSE MOVIE

HOLE7

コースイラスト

No.7

PAR4
FRONT345YARDS
BACK392YARDS
REGULAR371YARDS
HDCP4

POINT

フェアウェイ左サイドがOBとなっているので、ティショットはフェアウェイセンターから右サイドを狙っていくのが安全。グリーンは左手前、左奥にバンカーが待ち受けている。グリーンセンター右目を狙って攻めていきたいが、グリーンは左右からセンターへ、センターからは手前に流れているので、アプローチの時は、その流れを計算に入れてショットが肝心。

COURSE MOVIE

HOLE8

コースイラスト

No.8

PAR4
FRONT354YARDS
BACK368YARDS
REGULAR374YARDS
HDCP5

POINT

ドラコンおすすめホール!
ティグランドからはやや打ちおろし、あとはグリーンまでまっすぐに打ち上げていくミドルホール。ティショットは右側のクロスバンカーを避けて左サイド狙い。第2打は左足上がりのライとなるが、グリーンは広い2段の受けグリーンなので思い切りの良さが大切。グリーンは、奥から手前に速いので、ピンの位置によって、セカンドの番手を小さめに考え、手前から攻めていきたい。

COURSE MOVIE

HOLE9

コースイラスト

No.9

PAR5
FRONT496YARDS
BACK544YARDS
REGULAR521YARDS
HDCP3

POINT

第1打は正面の木を狙って右のバンカーに入れないように気をつけて打ちたい。第2打地点から右ドッグの豪快な打つ下ろし。落下地点が広いのでのびのび打てる。第3打はグリーン奥がOBとなっているので要注意。ロングヒッターはツーオンも狙えるが、手前の池がドラマを生みそう。グリーンは右奥から手前へ流れているので、花道方向から攻めていくとパットもいいラインで打てるはず。

COURSE MOVIE