なめらかなS字の曲線美を持つロングホール。美しい景観とは裏腹にセカンド地点からグリーンまでの道にはさまざまな困難が待ち受けている。3つにわけられたフェアウェイとバンカーのハーモニーの中でリズミカルに刻むのもゴルファーの真の勇気かもしれない。第1打は正面のバンカー右目へ、第2打は、右の土手に当てるくらいの気持ちで打っていきたい。グリーンは縦に長く、上から速いので、奥へこぼすとスコアメイクが難しい。第3打はパットのラクな方へアプローチするのがポイントのエキサイティングなパー5。



Copyright(C)2011 CHIKUSHIGAOKA GOLF CLUB. All rights reserved.